スカイプを利用した英会話学習

某英会話学習プログラムで、スカイプを活用してネイティブ講師と会話形式の学習が組み込まれていました。
それ以外の時間は、主に教材を使って自習を進め、節目節目に前述のサポートを受けることが出来ました。
日常生活では殆ど英会話を必要としない暮らしを送っており、学んだことを確認したり、その上での課題を教えてくれる相手もいないので、スカイプを活用したネイティブ講師との会話はとても魅力的でした。
しかしながら、全く面識のない外国人と会話をするというのは、とても緊張するもので、初回は何が何だか分からないうちに終了してしまいました。
自習期間を数日置いて、再びスカイプ講習の日を迎えました。
前回の体験を踏まえて、「落ち着いて、聞き取れなかったことは遠慮なくもう一度言ってもらえるように頼んでみよう」と心がけて臨みました。
英会話力が然程上がった訳ではないけれど、落ち着いて、リラックスして臨んだことで前回よりも「会話が出来た」という感触がありました。
ネイティブスピーカーと会話が出来る機会というのは、英会話を学ぶ上で少なからずモチベーションアップにつながります。
学習にスカイプを取り入れることは、とても有効だと思います。